ワキ鍼灸マッサージ整骨院,西東京市,マッサージ,ひばりが丘,整骨院,接骨院,はり,西武池袋線,ひばりヶ丘駅,鍼灸

進撃の巨人 ネタバレ 127

別冊少年マガジン 2020年4月号に掲載されている進撃の巨人 127話のあらすじと感想です。前回の記事はこちらです。リヴァイが一応戻ってきましたが、しばらくは戦えそうにありません。「地鳴らし」阻止へジャンの葛藤前回、イェーガー派を裏切ったジ 前回の記事はこちらです。復活した... 別冊少年マガジン 2020年5月号に掲載されている進撃の巨人 128話のあらすじと感想です。 今回は次なる作戦へ向けての会議が中心です。 ハンジはマガト&ピークと休戦し、共にエレンを制止するための方策を探ろうとしています。手駒として104期を引き入れたいハンジは、イェーガー派に追われる身でありながら単身で街へ潜入。ジャンやミカサと渡りをつけ、自分の考えを説きました。前回の派手な脱出劇の前夜ですね。 ハンジの話をかいつまんで聞くとこうです。「虐殺は嫌なのでエレンを止めたい。地ならしをマーレ兵が目撃した以上、今後しばらくはパラディ島にはちょっかい出せないだ …

ところで荷馬車でライナーに「許せない」の言葉をプレゼントしたジャンの苦々しい空気ものともせずしれっと「私は?」と訊ねるアニちゃんなかなかにすきなんだけどしかし一体どんな気持ちで今それ聞くん……? そもアニちゃん昔は一緒にされるのもヤってジャンくん嫌ってたのに なんて返してほしいん?? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アズマビト家の格納庫があるオディハへとたたどり着いた前回、だが、地鳴りが迫る中で時間を稼ぐためハンジさんが犠牲になった。 また一人仲間をが消えていく 133話では次なる目的地スラトア要塞を目指します!アルミンたちは、どうやって地鳴らしを止めるつもりなのか? 目次1 飛行船内の会議2 エレンの気持ち3 エレンの本心4 始祖の巨人vs世界再び!5 進撃の巨人133話深掘り考察6 進撃の巨人133話みんなの感想・考察7 進撃の巨人133話まとめ&134話予想 まずは133話のストーリーをおさらいしてきます 飛行 ... 地鳴らしはマーレ大陸に上陸し次々に人類を踏み潰し、更地へと変えていく。そして、明かされたエレンの胸中。 前回のお話しです 132話では、ハンジたちがようやくオディハへと到着します。さいわい地鳴らしはまだ到達していなかったが、彼らに襲いかかる敵は他にもいた! 目次1 オディハに到着したハンジたち2 目指すはスラトア要塞!3 フロックの急襲!4 ハンジ「ようやく私の番だね」5 進撃の巨人132話深掘り考察6 進撃の巨人132話みんなの感想・考察7 進撃の巨人132話まとめ&133話予想 まずは132話のストー ... 地鳴らしをくい止めるべく、世界がエレンに立ちはだかった前回。が、世界連合艦隊はあっけなく全滅し超大型巨人はマーレ大陸に上陸した。 まさしく進撃の巨人! 自分の運命を知ったあのときから、世界をさら地にする決意をしたエレン。だが、彼の中に葛藤が生まれていないわけではなかった。 目次1 エレンの苦しすぎる胸中2 エレンが望んだ「自由」3 アルミンとアニ4 進撃の巨人131話深掘り考察5 進撃の巨人131話みんなの感想・考察6 進撃の巨人131話まとめ&132話予想 まずは131話をおさらい! エレンの苦しすぎる ... イェーガー派との、仲間との壮絶すぎた戦いに勝利し、船でパラディ島を脱出、向かう先はマーレ大陸のオディハ。 前回のあらすじ オディハには、アズマビト家の格納庫があり、そこで飛行艇を整備し、そこから進撃真っ最中のエレンを探し、止める、、てか止められるのか? 目次1 絶望するアニは戦意を喪失する2 世界をさら地にするエレンの感情3 vs世界連合艦隊4 進撃の巨人130話深掘り考察5 進撃の巨人130話みんなの感想・考察6 進撃の巨人130話まとめ&131話予想 130話のストーリーおさらい! 絶望するアニは戦意 ... 同じ血筋同士の殺し合い、世界を救うためには避けるという選択肢はなかった。コニーは自らの手で同期に発砲、殺してしまった。 前回のストーリーです イェーガー派との武力による応戦は激しさを増していきます。躊躇していたら自分たちが殺され、世界は完全なるさら地と化してしまう。 始祖の巨人を、エレンを止めるために、マーレ軍とともにフロック率いるかつての仲間との殺し合いの結末はどうなったのか。 129話はそんなお話。 目次1 激戦2 キヨミの提案で行先決定!3 フロックとの最終決戦!4 フロックの最期?脱出する船5 進 ... イェーガー派に港を包囲され立ち往生のジャンたち一行、敵味方関係なく世界を救うために手を組んだものの前途は多難です。 しかーし時は待ってはくれない 地鳴らしは着実に世界へと広がり、多くの人類を駆逐していきます。果たして、アズマビトを救出し飛行艇に乗り込めるのかッ! 128話はそんなお話。 目次1 岩場の作戦会議2 アニの無常な提案3 無謀すぎるアルミンのだまし作戦4 武器には武器でしか解決できないのか5 進撃の巨人128話深掘り考察6 進撃の巨人128話みんなの感想・考察7 進撃の巨人128話まとめ&129 ... 甘々と稲妻もとうとう最終回。 甘々と稲妻最終回かぁ~ — anabre (@kaoru_anatu) 2019年2月8日 12巻をもって最後。本編二話と番外編五話という構成でした。つむぎの成長もきになるけど、やっぱり公平と小鳥の関係が気になります! ただ、中身を読む前に、まず気になったのが表紙です。12巻のこの表紙からしてすごく意味深です。 これまでの表紙では、公平とつむぎとか、小鳥とつむぎとか、つむぎのみっていうパターンだけで、公平とつむぎと小鳥の三人が表紙に描かれることはなかった。 それが ... 無印の「人狼ゲーム」の続編となるのが「人狼ゲーム ビーストサイド」。主人公は無印編で生き残った仁科愛梨。 前回は村人として人狼を突き止めていくストーリーでしたが、ビーストサイドでは人狼役として、村人を襲う側へと回ります。 そのため、無印に比べてグロ度がアップ。一方で、ストーリーがやや雑になった感があり、辻褄が合わない部分があったのが気になるところ。 そこで、そこら辺を含めながら完結編となる「人狼ゲーム ビーストサイド」について紹介&考察していきます。 人狼ゲーム 無印 目次1 人狼ゲームビーストサイドのあ ... 漫画「人狼ゲーム」は月刊キスカで2014年~2015年7月号まで連載していたホラー漫画。もともとは川上亮さんの小説「人狼ゲーム」が原作で、そのコミカライズ。 作画担当は小独活さん。3巻完結とはいえラストは謎を残したまま未完、続編にて真のラストが描かれます。ドラマ化や映画化にもなっている人気の高い作品。 人狼ゲームは実際に存在するゲームとしても有名ですが、漫画版ではルールが若干違うので、そこらへんも含めて結末を紹介! 目次1 人狼ゲームのあらすじ・ストーリー2 【漫画版】人狼ゲームのルール3 次々に殺される ... 漫画「クダンノゴトシ」 ネタバレ感想 打ち切り作?気づけば人類が滅亡する話だった件. その歩みを「地ならし」と呼ばしむる大型巨人の群れは、すでにパラディ島を離れ大陸のいずこかを目指して海中へ姿を消した。, ある者は友を止めるため、ある者は故郷を守るため、ある者は政治的な思惑から、それぞれがエレンと地ならしを止めようとする者たちが敵味方を超えて集う。, 彼らはこれまでの諍いを水に流して手を取りあい、世界人類の消滅を食い止めることができるのか──。, 進撃の巨人 第127話 終末の夜別冊少年マガジン 2020年4月号(3月9日発売)掲載, ハンジはマガト&ピークと休戦し、共にエレンを制止するための方策を探ろうとしています。手駒として104期を引き入れたいハンジは、イェーガー派に追われる身でありながら単身で街へ潜入。ジャンやミカサと渡りをつけ、自分の考えを説きました。前回の派手な脱出劇の前夜ですね。, ハンジの話をかいつまんで聞くとこうです。「虐殺は嫌なのでエレンを止めたい。地ならしをマーレ兵が目撃した以上、今後しばらくはパラディ島にはちょっかい出せないだろう。」今はとにかく時間を稼ぎ、武力外交で決着を図りたいというわけですね。, 道半ばで倒れた調査兵団たちの英霊に誓って、自分だけが助かればいいなどという身勝手は許されないと主張するハンジ。ジャンもまた、マルコの眼差しが己に向けられていることを思い出します。憧れた内地での優雅な暮らしがすぐそこに待っているのに…と逡巡するジャンですが、このまま背を向けて夢を叶えたところで、彼らの眼差しがある限りは寝ても覚めても苦悩し続けることは想像に難くありません。, 危険で損な役回りであっても、故人に恥じない生き方を選ぶと決めたジャン。俺はまだ調査兵団ですと、心の在り処をハンジヘ告げるのでした。エレンよりよほど主人公っぽい。, 森の中で火をおこしシチューを作るハンジ。それを囲む面々はマガト、ピーク、ガビ、ファルコ、ライナー、アニジャン、アルミン、ミカサ、コニー、リヴァイ(重傷)イェレナ、オニャンコポン, 敵味方を超えて利害が一致し、ひとつの目標に向けて共闘できると思われる者たちですが、これまでの血みどろの成り行きを思えば当然に、軋轢はあります。, アニは殺害を主張しますが、ミカサは到底それを受け入れられず一触即発。104期女子、対人格闘の頂上決戦が再び!?と思われましたがここはアニが譲歩。説得が失敗するまでは争う必要はないと結論を保留しました。マーレ側は、エレン説得の可能性は低く、パラディ側をエレンもろとも皆殺しにするのもやむなしと考えているでしょう。ハンジやオニャンコポンも消極的ながら最終的には殺害容認派かと思います。逆に抵抗するのはミカサ、アルミン。ファルコあたりも意外とエレンを擁護しそう。ジャンとコニーはエレン寄りではあっても土壇場では分からん。この爆弾を抱えたまま先送りすることで、いずれ大やけどを負う者が必ず出てしまいます…。, 彼女は神と信奉するジークをエレンに奪われ、安楽死計画が破綻したことで生きる希望を失っています。マガトが彼女を拉致させた理由は始祖の進路を聞き出すため。エレンとイェレナは密通してレベリオ襲撃や安楽死計画を相談していたはずなので、エレンがマーレへ上陸して向かう先についても見当がつくのではないか、という割と薄弱な根拠でした。イェレナは協力を拒否しますが、それに疑問を抱いたのはコニー。イェレナはもともとマーレに侵略された祖国復興のために戦っていたはずなのに、地ならしで故郷が消滅してもいいのか?と尋ねます。沈思して答えないイェレナ。, 代わってその疑問に答えたのはマガトとピークで、イェレナの身辺調査の結果驚くべきことが分かりました。彼女は平凡なマーレ人家庭で生まれ育ち、侵略された祖国はただの作り話だというのです。, イェレナはマーレの平凡な生活に飽いて失望し、ジークと出会ったことで自分が世界を救う物語の一片を担える可能性を望んで、変身願望から自分の背景をヒロイックな嘘で塗り固めていたに過ぎませんでした。ゆえに本心では故郷などどうでもいいとのこと。この設定は必然性が感じられず、話の都合で後付されたくさいなと思いますが…w, やべーこいつ頭おかしいのか?と周囲から向けられる視線にイェレナはフッと含み笑いを返し、開き直って長々と持論をぶちはじめます。こいつのメンタルやべえな。僕ならこんな黒歴史を皆の前でつまびらかにされたら恥ずかしくて謝ることしかできなさそう。「オレ…強盗に家族を殺されててさ…両親の墓前で…犯人は必ずこの手で追い詰めると誓った…それがオレの…生きる意味…」とか盛り盛りで何年もぶっこいてたのに、「え?お前のカーチャン元気で生きてるじゃん、何いってんの?」ってバラされたわけですからね。この先ずっと思い出しては「ああ~殺して~!この記憶を消せないならいっそ殺して~!」ってジタバタするやつですよ。, まあそれはともかく、「お前らみんな自分の都合で散々好き勝手に人殺してんじゃん!今さら私の勝手を責める権利ないよね!」みたいなのをめっちゃ早口で3ページくらいまくしたて、目の前に座る者たちが互いに殺し合った記憶をほじくり返すイェレナ。幸いなことに僕は親しい人を理不尽に殺害されたり故郷を踏みにじられたりした経験がないので、目の前に仇がいてその仇と手を取り合わねばならない…という状況での気持ちはよく分かりません。親しい人が殺されたけれど、戦争中であれば個人の意思とは関係なく、悪いのは国であり戦争である、だから目の前のこいつを憎んでも仕方ない…と割り切れるものなのでしょうか? 従軍し敵兵を撃った経験のあった僕の祖父が、亡くなるまでずっとアメリカは憎い、あいつらは人間じゃないと吐き捨てていたのを思い出します。, この場にエレンがいたらどう言うのでしょうね。特にアニは旧リヴァイ班をその手で皆殺しにした最大級の仇です。カルラもハンネスもライナーたちが起こした作戦の被害者。黙って座視できるとは思えませんが…。, 殺された犠牲者の顔をおのおのが思い出し、場に不穏な緊張が漂ったかに見えた時、ジャンが気の利くフォローを見せました。大げさにシチューの器を飲み干し、おかわりを要求。皮肉交じりにイェレナに礼を述べ、矛先をまたイェレナへ返すことで「仲間」の緊張を和らげようとします。ジャン、君はすっかり大人だね。, しかしイェレナはここで無駄な記憶力を発揮し、ジャンもマルコを殺されてるだろ?そこにいるアニがなんか知ってんじゃないの~と煽る。アニとライナーは隠しても無駄と悟り、事の顛末を詳細に告白。マルコの死は77話で真相が描かれていますので忘れてる人はそちらを。, マルコは最期に「俺達はまだ話し合ってない」と言った。そう聞いて、ジャンはすがるようにその言葉を繰り返します。話し合っていれば殺し合いをする必要はなかったんじゃないか…。ハンジも二の句を継ぎ、今からでも遅くない、話し合って解決策を探ろうと綺麗に場をまとめにかかりました。, 楽になりたいのか懺悔を続けるライナーに、一度は赦す態度を見せたジャン。しかしページをめくると大ゴマで猛然とライナーへ掴みかかり、んんんんー!!!と歯を食いしばりながら全力で顔面にベアナックル。ライナーの顔の形が分からなくなるまで1ページ半ほどかけてボッコボコにし、羽交い締めされてからもトドメとばかりに前蹴りを叩き込む。そのライナーを庇ったのはガビで、ジャンのつま先が彼女の脇腹にドコッとヒット。これにはさすがのジャンも青ざめてクールダウンします。ガビはここがチャンスと弱々しく自分の無知ゆえの愚かさを語り、レベリオの消滅を止めるために力を貸してくださいと土下座。ジャンの罪悪感につけこむ見事な戦術です。, 息も絶え絶えのガビの哀願は功を奏し、ジャンはバツの悪そうな顔で木立の奥へ消え、イェレナの話はそれで有耶無耶になりました。マガトは泣き崩れるガビを撫でようと手を伸ばしますが、何かを思って腕を下ろします。やや拡大解釈ですが、この子はもう戦士としての道を歩ませるのではなく、普通の子供として幸せになって欲しい。血塗られた戦士の歴史は自分たちの代で終えよう…といった決別のようにも見えました。もしくはファルコに寄り添われる姿を見て、オレのなぐさめポジションが…オレのガビたんが遠くへ行ってしまう…とショックを受けたようにアテレコもできそう。, ライナーは顔面が陥没して常人なら死んでるようなケガでしたが一晩で綺麗に完治。ジャンに叩き起こされます。ジャンはあれから木陰でひとり後悔に身悶えしていました。両手で頭を抱えて幼稚な暴力を悔いるジャン。しかし吐いた唾は呑めず、ライナーには謝らない、許さないと宣言。でもガビにはちゃんと謝りました。偉い。忘れられたアニが「私は?」とつぶやいているのが妙にツボです。, マルコ殺害の実行犯であるアニにはそれほど関心を向けていないことから見て、ジャンの怒りのスイッチはそこじゃないのでしょうね。うだうだ懺悔して、こんなに良心を苛んでるんだから僕ちんを哀れんでよ~と言わんばかりのライナーの態度が気に食わなかったのでしょうか。謝るな、謝るくらいなら最初からやるな、やったからにはこれからの行動で償え。カイジで兵藤会長も言ってましたけど、謝ってるんだから許すのが当然、許さない方が人でなし、みたいな圧力ってありますよね。実際は謝ってるほうが加害者なのに。, 結局、イェレナは黙秘してエレンの行き先についてはノープランのまま、港方面へ馬車で追撃する一行。偵察に出た車力によれば、港は機関車で先回りしたイェーガー派によって監視されており、武装した兵士が大勢いるようです。喋らないならイェレナを連れてくる価値はないのですが、この後まだ彼女には見せ場があるんでしょうね。オニャンコポンを庇って死ぬとかかな~。, エレン追撃の足として飛行艇を手配していたキヨミが人質に取られ、その後ろで銃を構えてポーズを取るフロック。彼の目が座った表情を見ると笑いが堪えられません。一体どこに行こうとしてるの君は。もはやフロックに向けられる関心はどれだけ笑える最期を遂げるかの一点のみとなってしまいました。, この様相だと人間同士の戦いは避けられません。キヨミと飛行艇がなければアルミンが消し飛ばすなりすれば一瞬で終わりでしょうけど、救出対象の人間や機械があれば大雑把な巨人を投入するわけにもいかず、せいぜい車力や顎の機動力を使うくらいでしょうか。陽動として敵を引きつけるなら鎧や女型も使えますが、今は硬質化が使えないことに加え雷槍のおかげで巨人の防御信頼性は無に等しく、囲まれて一斉爆破されたら非常に危険。となると…あのゴリラを解き放つ時が来た。フロックとケリをつけるのはジャンの役どころだと思われますが、暴れて敵集団をなぎ倒すのはミカサが適任かと。, ところでエレンたちは海底をゾロゾロと行進してるんですかね? 外海の海底を歩いてとなると海溝に落ちてそのまま戻ってこれなくなったりとか、水圧でぺっちゃんこになって推進力を維持できなくなったりしそうです。それとも平泳ぎでスイ~っと進んでいるのか。それだと海流に押し流されてまっすぐ目的地へ上陸するのは難しいかも。上陸したら全然マーレと関係ない国で、進撃の巨人・遭難編が開幕しないことを祈ります。, 別冊少年マガジン(毎月9日発売)で連載中、 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); ©Copyright2020 漫画コミックネタバレ.All Rights Reserved. 別冊少年マガジン 2020年3月号に掲載されている進撃の巨人 126話のあらすじと感想です。 このハンジさんを見て「あっ⁈無事だった…⁈」って喜んで、次の自由の翼の背中で「えっ⁈誰が残ったの⁈」って驚いて、次に振り向いた彼の顔を見て全て理解して号泣 … 前夜.

! 進撃の巨人 2020.03.10 2020.09.29 ishikawa. 漫画, 別冊少年マガジン 2020年4月号に掲載されている進撃の巨人 127話のあらすじと感想です。, 前回の記事はこちらです。リヴァイが一応戻ってきましたが、しばらくは戦えそうにありません。, 前回、イェーガー派を裏切ったジャンですが、高級そうな建物で酒を飲んでいい暮らしをしているジャンが描かれています。自分達が命がけで戦ったから、パラディ島に未来があるんだからと独白しています。, そして現実に戻りますが、ハンジが外でジャンに話しかけていますが、ジャンは耳を塞いで気が付かなかったことにしようと、自分に言い聞かせています。結局、ジャンは気付かなかったふりには出来ず、ハンジの所に行きます。そこにはミカサもいて、ハンジからマーレ残党と手を組んだことをジャンとミカサは聞かされます。, ハンジはエレンを止めるためだと言い、皆殺しは間違っていると主張し、ミカサはエレンに無差別攻撃をさせたくないので、ハンジに協力すると言います。しかし、ジャンは本当にエレンを止められたとしても、その後の何十年もパラディ島は世界から憎悪を向けられてパラディ島を滅ぼすことになると、ハンジに反論します。, ハンジはマーレからすれば島に奇襲を仕掛けた途端「地鳴らし」が発動したことから、暫くはパラディ島に手を出さないと推測しますが、ジャンはそれに納得せずハンジにさらに反論しますが、ハンジは大声で虐殺はダメだ!と主張します。そして、私はまだ調査兵団の14代団長だと言い、人類の自由のために心臓を捧げた…、仲間が見ている…、気がすると呟きます。, それでも、この島だけ自由をもたらせばそれでいい、そんなケチなこと言う仲間はいないだろうと言い、虐殺を止めるのは今しか無いと改めてジャンに話します。これを聞いたジャンは、俺は…まだ調査兵団だと言い、ハンジの考えに賛成します。, そして、ハンジ達とマーレ残党、アニ、ガビ、ファルコですが、料理を作っているハンジを囲んで、皆が睨み合っています。, マガトが散々殺し合ってきた者同士で飯を囲むか…と嫌味を言い、ハンジ達にエレンを止めようと気が変わった理由を聞かれます。ハンジから虐殺なんて望んでいないと言われ、正義に目覚めたというわけか…マガトが呟くと、ジャンが正義を語ったとマガトに反論し、ジャンとマガトの間で口論が始まります。, エレンの母親が巨人に食い殺された事や、2千年の歴史の話を持ち出し口論が続きますが、ハンジがやめるように言い、一旦口論は止まります。しかし、アニからエレンを殺せるのかと質問され、ミカサは悩んだ後エレンを止める方法は殺すだけじゃないと答えます。, アルミンもエレンと話してみないと答えると、アニは結局マーレに故郷を持つ私たちがエレンを殺すなら、ミカサ達はエレンを守るためマーレと戦うことになる…、きっと、とミカサに指摘します。, アニの指摘を聞いたミカサは、つまり私を殺すべきだと?と言い怒りながら、いきなりアニに対して身構え攻撃する素振りを見せます。アニも指輪のトゲのようなものを出し、いつでも巨人化する素振りを見せます。しかし、その後アニから自分もマーレにいる父親を殺されたくない、だからあんたの助けがいると言うと、とりあえずミカサも引きます。そして緊張を少しでも和らげようと、ハンジは強引に食事を始めようと皆に言います。, ハンジ達はアズマビト家の持つ飛行艇を使って、始祖の巨人に近づこうと考え、始祖の巨人の進路を探ります。マガトはエレンに知恵を貸したイェレナが始祖の巨人の進路をある程度想定していて、予想できるはずだと言いイェレナにエレンの向かう先を質問します。, イェレナはマーレに併合された小国出身と偽っていましたが、実はマーレ人で自分の過去を偽っていました。イェレナは世界を救うという目的のためだと車力の巨人に指摘されますが、イェレナはマガトやハンジ達と何が違うのかと、皆の過去を指摘します。, ライナー、アニ、アルミン、ジャン、ガビ達が過去に殺し合っていた事実を伝えますが、ジャンは仲間の頭を撃ちまくってまで叶えたかった幻想的な夢が全て無意味に終わったと、イェレナに嫌味を言います。すると、イェレナはマルコの名前を口にします。ライナーとアニがマルコの死に関わっていた事実をジャンに伝えると、ライナーは自分からマルコの死の真相を話し始めます。, ジャンからマルコは最後に何か言ってなかったか?と聞かれ、ライナーはマルコが、俺達はまだ話し合ってない、…って言っていたと正直に話します。それを聞いたジャンは、今の自分達もロクに話し合っていないと、話し合うことの重要性を話し始め、ハンジもそれに続きます。, が、ライナーはマルコへの罪悪感からかマルコが死んだ時の状況の話を続けます。ジャンからやめるように止められますが、それでもライナーは自分の事は許さないでくれと…、とジャンに謝罪します。, すると突然怒りを爆発させたジャンが、ライナーに殴りかかります。ジャンはその後も無抵抗のライナーの顔面を殴り続け、アルミン達に止められてもなおも、ライナーの体を蹴りつけます。, ガビは蹴りつけられるライナーの体をかばい、ジャンとの間に割って入ります。勢いでガビを蹴ってしまい、痛がるガビはジャン達にごめんなさいと謝罪を始めます。, そして、すごく…図々しいことはわかっていますが…、と断りながらも、ジャン達に力を貸してくださいと土下座をしてお願いします。土下座をしてお願いするガビを見たファルコも、同じようにジャン達にお願いします。, いたたまれなくなったジャンは、ガビ達には何も答えずに森の方に向かって行き、森の奥で一人泣きます。マガトはガビに声をかけて手を差し出そうとしますが、途中で手を止めてしまいます。そして、休んでいたリヴァイは、うるせぇな、と文句を言います。, 朝になり、ジャンは昨日の夜とは一転、ガビに起きろと話しかけます。ガビから協力してくれるの?と聞かれると、ジャンはもちろんと答え、ライナーを手荒く起こします。, アズマビトを頼って港に向かう途中、昨日の夜蹴ってしまった事をガビに謝るジャンです。一方、ライナーには謝らないとジャンは言い、ライナーもそれでいいと答えます。アニはボソッと、私は?と呟きます。, その後港に向かっていた車力の巨人が途中、戻ってきて港の状況を伝えます。港はイェーガー派に占拠されていて、対巨人用装備の兵士が数多く臨戦態勢で待ち構えているようです。フロックたちイェーガー派は、ハンジ達が「地鳴らし」を阻止しようとする動きを察知していて、キヨミを拘束し迎え撃とうとしています。, ハンジやミカサ達と合流したマーレ残党ですが、最初はお互いの間にあるわだかまりが消せず、ギクシャクしたあげく口論をしてしまいます。一旦は、落ち着いて話し合いを再開したように見えましたが、イェレナの発言からマルコの件でジャンがライナーをボコボコにしてしまいます。マルコの件は、4巻とかなり早い段階からジャンの中で大きな出来事だったので、ライナーを許せなかったのだと思いますが、これでひとまずはジャンの中で区切りがついた感じに見えます。, マンガ、ゲームに関する情報をまとめていこうと思います。情報がお役に立てれば幸いです。. 「進撃の巨人」のネタバレ感想ブログです。. 敵味方関係なく、世界を救うべく始祖の巨人を止める!流れになってきた進撃の巨人、ただ、具体的どうやってエレンを止めるのか。, 127話では、ハンジさんお手製シチューを食べながら作戦会議!ですが、昨日の敵は今日の友、、、とはいかず、関係はぐちゃぐちゃです。, 127話は、ジャンらがフロック率いるイェーガー派と決別し、シガンシナ区から脱出をはかる以前の様子からはじまります。, 4発の銃声がピーク襲撃の合図だったこと、イェレナを殺さずに捕獲すること、これらの描写から誰かがジャンたちに接触していたのは明らかでした。, というか、ハンジさんしかいません。マーレの協力を切り出した張本人であり、ジャンたちと密会ができるものハンジさんしかいない。, ハンジさんが密会相手として選んだのはジャンとミカサの二人、この中で、エレンを始祖の巨人を止めるために行動することを打ち明けます。, エレンを心配するミカサは、協力することを即答で答えるものの、問題はジャンです。エレンを止めたい気持ちはあるものの、島の今後が気になる様子。, とはいえ、前話でお分かりの通り、ジャンの意志は決まってます。マルコの悲しい過去を胸にエレンを止めるべく、イェーガー派との決別を選んだ!, イェーガー派の追手もなくシガンシナ区からの脱出に成功し一同合流。しかし、敵味方相見えたこの状況は凍てつくほどのピリピリムード。, 焚き木を囲んでみんなで食事をすれば、きっと少しは分かり合えるはず。ハンジさんはお手製シチューを作るのだが、そう簡単に溝は埋まらない。, マガトは二千年前の話を持ち出し壁内人類を責め立てる、アニはミカサに「エレンを殺せるの?」と辛らつな質問をぶつけあわや殴り合い寸前。, 小見出しはブチ切れるじゃん、ではなくブチ切れるジャンね、一応。126話からジャンが前面に出てきてますが、今話もジャン大活躍。, そもそもの発端はイェレナの煽り。イェレナは自分の意志ではなく強制的に連れてこられたためかなり御立腹。, 表情からして怒りマックス、目はこれでもかってくらい吊り上がり、まるで般若。敵味方関係なく、これまでの残虐非道な行為を言葉にする。, このとき出てきたのが、ジャンにとってのNGワード「マルコ」、イェレナは、この火種を大きくしていき、ジャンの怒りを焚きつけます。, ボッコボコという表現がこれほど似合うのかってほどライナーをボッコボコにします。巨人の能力があるので、ジャンは手加減しません。, イェレナの悪意のある火種によって、マルコが死んだ原因が、ライナーにあることを知ってしまったからです。. 最新ネタバレ『進撃の巨人』127-128話!考察!力を貸して それを止めたい連合勢力(マーレ勢力、パラディ勢力、半マーレ派義勇兵、ヒィズル国)の対立が続く。, ジャンが「異国の人々との宴会」を思い出し、地ならしの犠牲にしてなるものか、と思っていたシーンが切ない。, しかしジャンにとっては、酒を飲み交わし笑いあった「確かに実在した人々」なんだよな。, サブタイトル「懐古」の通り、二人は教え子たちと過ごした日々のことを、もう戻らない幸せだった日常を懐かしむ。, しかし、己が信じるものの為、誰かを救う為に生を捧げることは、動物には出来ない行為だ。, 死の間際、私人としての自分を肯定できたのは、彼が森から出た瞬間だったのかもしれない, パラディ島上陸後、公人として「ブラウン」と呼ぶべき時に、つい「ガビ」と呼んでしまうこともあった。, 129話でも今まで「グライス」と呼んでいたのに、つい「ファルコ」と呼んでしまう所に彼の気持ちが垣間見える。, 志を持ち、矜持のために生きて死ぬことを選んだ二人だからこそ、そこに必要なのは名前だけだったんだよなあ。, マーレ編最初に「空を飛ぶ巨人はいなかったか」と元元帥が語った言葉が実現し、空飛ぶ巨人は生まれるか?, 落下後の水しぶきが「線上」になっているのは伏線。アンカーを使って飛行艇に乗り込んでいるだろう。, 「エルディアを守るのはオレだ」 エルヴィンのように右腕を無くして復活した時、彼は自らが悪魔になることを選ぶのか。, まさに、進撃の巨人で何度も描かれてきた「何かを変えるには、人間性を捨てる必要がある」という状況。, 「一緒に土地を増やして、肉を食おう」 希望を語り、肩を並べて戦っていた仲間たちと対峙することに。, ユミルとヒストリアがつないだダズの命、サシャが救ったサムエルの命は、コニーによって絶たれることとなります。, マーレ国の教育が生んだ少女ガビ。 彼女は、自らが数分前に「悪魔」と罵った相手に、土下座して、助けを求めた(127話)。, コニーと「夢」を語った104期生のサムエルは、パラディ島を発展させることを夢見ていた仲間です。, 集団のための利益を2人とも目指していたが、サムエルは「パラディ島のため」、コニーは「世界のため」と範囲を違える。, 「誰が好きでこんなことしたいと思うんだよ」 「本当に仲間だと思っていたよ」 「騙したけど全てが嘘じゃない」, ベルトルトが「残酷な世界では、そうせざるを得なかった」ということをアルミンとコニーが理解した瞬間でした。, ためらってしまったダズの姿は、王政編で通過儀礼(人殺し)を済ます前の「104期生」とも重なります。, リヴァイの「何が本当に正しいかなんて、わからない」という言葉が改めて響く回でした。, セントラルでの幸せな結婚生活を思い浮かべているので「行くな、考えるな、このままじっとしていれば良い暮らしだ」と自分に語りかけているのが切ないです。, という感じで、みんなで世界を救うことに酔いしれているけど、お前ら罪忘れてないか?と問いかけています。, その中で、マルコの最後の言葉「話し合っていないじゃないか」という言葉が響いてきますね。, 巨人の力を制御できず、夢の中にいたエレンをアルミンが起こすシーンですね(詳しくは動画にて), また、ハンジの言葉をきっかけにジャンやミカサに亡霊を見えたシーンにおいても、窓は割れ、外と内の区別がなくなりました。, 同じ釜の飯を食うとは、毒物が入っていない ・腹の底を見せ合うという意味につながり、信頼関係を示しています。, みんな器を手にとっているけど、イェレナだけ手を付けようとしていないんですね(読み返してみてください), しかしジーク側についたとしても、ジークはエレンを倒したいと考えているので、結局はエレンと敵対する流れになる可能性も高いです。, 幼少期から見てきていて、自身の子供のような存在&人間と知っている。 一方で、マーレ人とエルディア人(悪魔の末裔)という関係で接する必要性があることもマガトは把握しています。, 1つ目は、ガビがパラディ島で過ごしたことで、島の悪魔に対する感情が変わったことに驚いている。, 2つ目は自分の行動を振り返る 「悪魔・正義」「敵・味方」みたいな言い争いをしてきた自分と、ガビを対象的に見ている。心の声を代弁するなら「オレは何をやっていたんだ、オレは正しいのか…」という感じ。, 3つ目は自分には資格がないと思っている。悪魔打倒、さらには自分たちの利益のために、何も知らない子供を育てて利用してきたのはマガト自身。, 「マルコを殺したのはオレだ」と語り始めますが、ここでのちょっとおかしな点が2つあります。, 「マルコに会話を聞かれたから殺した」とだけ語ればいいのに、「オレは空中でマルコを屋根に叩きつけ動けないよう押さえつけている間に…」 「マルコはその場から動けないまま…背後から来た巨人に食われた」と詳細に語ります。, ライナーの発言後に、ジャン、ハンジが「そうだ、話し合いをしよう!」と言って話が一旦終わりかけます。, 治療している場所は巨大樹の森(27巻)= リヴァイがジークを監視していた場所です。, 死んだエルヴィンに意味を与えるために、まだこれから活躍する。逆にそれまで死ねない運命を背負っているのかもしれません。, とはいえ母親に言われた「立派な兵士」という言葉と、優しくて良い子すぎる少年ファルコ。, コニーと対峙して、アルミンはエルヴィンのこと(何かを変えるには「捨てる」ことが必要)を考えます。, そして、「自分の超大型巨人」をコニー母に差し出すことを決意。結果、コニーがアルミンをかばい、一件落着となりました。, ちなみに、Youtubeライブ配信の質問で「これは本気?コニーの助けまち?」というコメントを頂きました。, 進撃の巨人の最終回構想に影響を与える 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 っぽい展開ですね。, ジャンはフロックに言われた言葉(憲兵になって内地で快適に暮らしたかったんだろ、昔のジャンに戻れよ)を受けて、昔の自分と今の自分までの歴史を考えていたのだと思います。, コニーは母親から「立派な兵士になって」といわれたのに、子供と友達を殺すところでした。, コニーも同じく、母親を助けることを諦め、困っている人を助けることを選びます(自分の役割)。, つまり、それぞれの人々が「何をやるのか」「なんのために動くのか」を見せるような話だったと言えます。, ミカサに対しては、自分にすがって自分のために生きるのではなく、ミカサの意志で生きてほしいと思っているはず。, しかし、悪い意味で捉えるならば、「囚われる首輪」「エレンのために…というミカサの人生の象徴」とも考えられます。, そして今回、そんなマフラーとルイーゼとの話を通じて、ミカサはそのことを感じ取ったのではないでしょうか?, 「ミカサに囚われているルイーゼ」を見ることで、「エレンに囚われているミカサ」を認識した。, つまり、自分が「エレン」から見た時にどう見えるのか?ということに気づいた可能性もあります。, 奴隷状態・縛られた状態を脱したミカサにとっては、マフラーは縛り付ける「呪い」から、二人の関係を示す「祝ぎ」になるのかもしれません。, しかし諫山先生は「フード理論」というものに基づいて作品を作っていると公言しているので、実はこの描写にも意味があります。, フード理論は「ゴロツキはいつも食卓を襲う」「まんがキッチン」著者の福田里香さんが提唱した概念。, 例えば、ONE PIECEのゾロは子供が作ってくれた砂糖入りのおにぎりを食べるシーンから善人とわかります。, 一方でゾロを攻撃する海軍は、子供が作ったおにぎりを捨てることから悪人であると暗に示されるのです。, 食堂で食事を前にしているシーンはあるけど、ミステリアスだし「正体不明者」でした(実際、巨人という敵でした)。, そして、126話の食事シーンでアニが食べまくっていたのは「正体不明者」ではなくなったことを意味します。, 食べ物をしっかりと食べる姿は「生きるため、栄養補給のため、楽しみのため」という目的が見えてきます。, コニーとアルミンの対立から始まった126話でしたが、最終的に、食卓を共にする二人の姿からは「仲良くなった」(信頼関係が復活した)ことが示されています。, また、ファルコとガビも仲良く食事しているので、この4人が仲良くなった / 信頼関係にあることを絵で示していますね。, もう一歩踏み込むなら、元々食事を恐れていたガビが、パラディ島の食事を食べているという対比も見えてきます。, また全巻解説動画では1話から非常に濃い密度で語っているので、読み返そうと思っている方は是非どうぞ。.

ヤマダ電機 人事, Uqモバイル Smsセンター番号, サマージャンボ 当選番号 2013, ジャンボ宝くじ ネット購入 楽天カード, 大塚家具 バーチャル背景, ヤマダ電機 管理職 末路, クリア後 キバナに会いたい, エキサイトブログ ランキング, ソフトバンク スタメン 2018, 宝くじ 高額当選 現金受け取り, ハプスブルク家 現在, 服部家具 コイズミ, レギュラーに選ばれる 英語, 縦バラ30枚 いくら, 原田将大 現在, 薄桜鬼 キャラ 身長, 宝くじ 代行 当たらない, 日本の首領 キャスト, ウィッチャー サキュバス, 長寿 芸能人 2020, Uqモバイル Sim 発送, 部下が上司を評価 例文, 家具付き 中古マンション, 日本 女性歌手 ランキング, ポップ ティーン モデルランキング 2020, フィギュアライズ6 タイバニ, 大月みやこ 実家, 60代 俳優 女性, Auかんたん決済 支払い 遅れ, ジョーカーゲーム 舞台 配信, 地震 茨城 震源地, 二ノ国 イマージェン 技,